東京 銀座『Bouchon d’Or』ディナー

B+
B+ フレンチ・ビストロ・ブラッスリー 銀座・東銀座

東京 銀座にある『Bouchon d’Or(ブション・ドール)』にお邪魔しました。

オススメ度:B+

食べログ評価:3.64 ※訪問時点

訪問日:2022年1月 夜

お店の情報

フランス リヨンの郷土料理をいただける”Bouchon(ブション)”です.

“ブション”とは,フランス リヨンでリヨン郷土料理がいただける大衆ビストロのことです.

シェフの東 敬司さんは,2004年3月に東京 代官山で『シェ・アズマ』を,2009年7月に銀座で『Bouchon d’Or リヨンの郷土料理』を,2014年2月に東京 中目黒で『ブション・プロヴァンサル ~ワインと南フランス料理の店~』を開店されました.

その後,2016年11月に店舗を銀座へ統合し,『Bouchon d’Or ~Chez AZUMA~」として営業されています.

【ホームページ】

銀座フレンチ&ワイン居酒屋 Bouchon d’Or(ブション・ドール)リヨンの居酒屋
銀座フレンチ&ワイン居酒屋 Bouchon d’Or(ブション・ドール)リヨンの居酒屋

【Instagram】

https://instagram.com/chez_azuma?utm_medium=copy_link

外観・内観

「晴海通り」と「銀座三原通り」の交差点すぐにある『田創館ビル』の地下にお店があります.

店内にはカウンター4席と,2人用テーブルが10個,4人用テーブルが1個あります.

明るめの店内で,静か過ぎず程良く賑やかです.

メニュー

レビュー

ディナーはコースもありますが,この日はアラカルトで注文しました.

パン

「田舎風パテ」(税込1300円)

程良く肉厚なパテで,意外とあっさりした味わいです,

「スズキのクネル オマール海老のソース」(税込2880円)

「クネル」は,「パナード」と呼ばれるつなぎに,肉や魚のすり身を加えた,リヨン郷土料理で定番のメイン料理です.

すり身にはスズキが使われており,グラタン仕立てになっています.

魚のすり身なので,「かまぼこ」のようなものを想像していましたが,全然違いました.

口当たりのかなり滑らかなクネルに,オマール海老の旨味が詰まったソースが合わさり,美味しいです.

+700円で,余ったオマール海老のソースを使ってリゾットをお願いできるそうですが,当日はそのことに気付かず注文できませんでした(泣)

次回は注文したいと思います.

「リヨン名物!ピスタチオ入りソーセージ」(税込1600円)

リヨンでは「セルヴラ・リヨネ」と呼ばれるリヨン郷土料理で定番の前菜です.

中に大きめのピスタチオの欠片がゴロゴロ入っています.

肉々しいソーセージとピスタチオが合わさって,意外に美味しいです.

「牛トリップのパン粉焼き」(税込1750円)

牛の第2胃袋である「ハチノス」のパン粉焼きで,香ばしいケッパー入りのバターソースがかかっています.

外はサクッとしていますが,中はムニュっとしており,不思議な食感です.

トリッパと言えばトマト煮込みなどが多く,パン粉焼きは初めて見たので興味本位で注文してみましたが,美味しかったです.

「カスレ(1〜2名様分)」(税込3980円)

北海道産 花豆,豚のスネ・のど・ホホ肉,豚足がトロトロになるまでじっくり煮込まれ,自家製ソーセージと鴨のコンフィが入っています.

味付けは優しめで具材がゴロゴロ入っているので,染み出した具材の旨味を存分に味わえます.

ただ,サイズは少し小さめです.

「フォアグラのポワレ リゾット添え」(税込2640円)

リゾットの上に程々の分厚さのフォアグラが2個載っています.

フォアグラは程良く濃厚で,リゾット自体も重ためなので,かなり食べ応えがあります.

この日は蔓延防止措置のためお店が21時までだったので,時間的にデザートはいただけませんでした.

リヨン郷土料理で定番のデザートである「赤いプラリネのタルト(タルト・オ・プラリネ・ローズ)」もメニューにあったので残念ですが,次回はいただきたいと思います.

ドリンクは3人で,白ワインのカラフェ,白ワインのボトル,赤ワインのカラフェをいただきました.

カラフェ(500ml)でいただいた白ワイン(税込3825円)

「2019 Chardonnay Abbotts & Delaunay(アボッツ&ドロイネ)」です.

こちらのお店では同じ種類の2018年ものが,ボトル税込4730円で販売されています(2019年ものはメニューにありませんでした)

品種はシャルドネの,ラングドック・ルーションで造られた白ワインです.

果実の香りがし,味わいも少し甘めです.

ボトル白ワイン(税込5280円)

「2019 Touraine Souvignon Blanc(トゥーレーヌ ソーヴィニヨンブラン) Bougrier(ブーグリエ)」で,ロワールで造られた白ワインです.

カラフェ(500ml)でいただいた赤ワイン(税込3825円)

「2017 Cuvee Authentique(キュヴェ オーセンティック) Jean Marc Lafage(ジャン マルク ラファージュ)」で,こちらのお店ではボトルが税込5280円で販売されているものです.

品種はカリニャン50%・シラー40%・グルナッシュ10%の,ルーションで造られた赤ワインです.

程良くしっかりで,そこまで強くないですがタンニンも効いています.

お会計は3人で計29000円ちょいでした.

全体として,料理はどれも美味しいですが,ポーションが少し小さめで,値段はそこそこです.

ただ,リヨン郷土料理がいただけるお店は多くないので,普通のフレンチとは違った料理が食べたい時にありだと思います.

コメント

タイトルとURLをコピーしました