東京 西日暮里『えどもんど』

B
B 二郎・二郎系 日暮里・西日暮里

東京 西日暮里にある『えどもんど』にお邪魔しました。

オススメ度:B

食べログ評価:3.64 ※訪問時点

訪問日:2022年2月 夜

お店の情報

『えどもんど』は,東京 浜松町・大門にある煮干しラーメンのお店『中華そば いづる』の店主 猪又さんが,2020年12月にオープンされた二郎系のお店です.

ラーメンYouTuber SUSURUさんが「二郎系ラーメンベスト10」(2021/8/18公開),「SRY2021 二郎系部門 大賞」に選出されていました.

閉店時間前に営業終了になっていることもしばしばあるので,訪問前にTwitterのチェックをお勧めします.

【Twitter】

えどもんど (@ooichiban1201) / Twitter
西日暮里5-31-9 JRメトロ西日暮里駅3分日暮里舎人ライナー西日暮里駅0分 ※定休日無し臨時休業あり 昼営業11時〜14時30分夜営業17時30分〜21時※共に材料切あり🙇‍♂️ ※1月21日〜2月13日都のコロナ蔓延防止にて混み具合によりl.o19時前後20時完全退店。酒類の提供不可、グループ4人まで🙆‍♂️

外観・内観

西日暮里駅 東口から出ると目の前にお店があります.

店内にはカウンター10席ほどと2人用テーブルが2つあります.

メニュー

レビュー

この日は木曜の18:30にお店に到着し,店外に5人待ちでした.

先に店内の券売機で食券を購入してから,店外の列に並ぶシステムです.

「ラーメン(豚2枚・半玉子)」(税込900円),「うずらの玉子」(税込100円),「生玉子」(税込50円)を購入しました.

食券を持って店外の列に並んでいると,店員さんが食券を受け取りに来てくださいます.

その際に麺量を尋ねられるので,麺量を減らす場合はこのタイミングで伝えます.

店外に貼られた”お店からのお願い”を確認し,コールの予習もしつつ待っていると,18:40過ぎに店内に入店できました.

セルフサービスの水を取って着席すると,直ぐに「ニンニク入れますか?」とコールを尋ねられました.

ちなみに,コールについての紙は店内にも貼られていますので,店外で確認しそびれた場合も大丈夫です.

今回は「野菜増し,ニンニク少し,アブラ抜き」でお願いしました.

その後,直ぐに着丼.

まずはスープからいただきます.

微乳化のスープですが,カエシの醤油は控えめでしょっぱさはありません.

むしろ,甘めの醤油なのか豚の甘みか分かりませんが,甘みを感じます.

そこに出汁感も合わさり,マイルドで少し上品な感じの味わいです.

スープの温度はぬるめです(猫舌な自分的には丁度良い温度でしたが)

スープをある程度堪能したら,野菜からいただいていきます.

もやし:キャベツ=9.5:0.5ぐらいでほぼ全てもやしで,茹で加減はちょいクタです.

今回は「野菜増し」にしましたが,平均的な増しの量だと思います.

豚は,赤身と脂身が共存した程良い厚さの豚が2枚載っています.

完全に赤身と脂身が分離しているタイプの豚だと,脂身の方はしんどくなってしまうので,このタイプの方が脂身も美味しくいただけて嬉しいです,

赤身の部分は適度に食べ応えのある硬さです.

味染みもそこまで強い訳ではなく程々で,スープに浸しながら食べるのがオススメです.

そもそも,スープに浸かってない部分は常温〜ちょい冷たいぐらいだったので,スープに浸して食べた方が良いと思います.

麺は中細〜中太ぐらいのちぢれ麺で,二郎系にしては細めだと思います.

ちょい硬めに茹でられており,自家製麺の小麦感・食感を味わえます.

麺量は,券売機の「めん増し券」が×になっていたので,普通盛り(茹で前 300g)です.

いつも二郎系の時は400〜600gぐらい食べているので,正直かなり物足りなかったです(笑)

“店員さんに直接言えば大盛りが可能”という噂を耳にしたので,少しリサーチして可能そうであれば次回は大盛りにしたいと思います.

後半から生玉子に合わせてもいただきます.

生玉子との相性はまずまずです.

半玉子とうずら玉子はふつうに美味しかったですが,まぁ次回からはなくてもいいかな,と思います.

全体として,味・量ともにパンチはそこまでないので,ガッツリ二郎系を想像して行くと不完全燃焼になると思います.

しかし,味自体は甘みと出汁感が強く,他の二郎系とは違った美味しさがあるので,また機会があれば伺いたいと思います.

コメント

タイトルとURLをコピーしました