愛知 名古屋『うな富士』ランチ

A
A 愛知 鰻・穴子

愛知 名古屋にある『炭焼 うな富士』にお邪魔しました。

オススメ度:A

訪問日:2020年2月 昼

※ブログ開設日(2020年12月)以前にお店を訪れた際の情報を、遡って投稿しています。投稿時点での情報と異なる場合がありますので、予めご了承下さい。また、ブログ用に写真を撮影していない、かつ、昔のことであまり鮮明に覚えていないため、内容が粗雑な場合がありますが、併せてご了承下さい。

お店の情報

食べログのうなぎ部門で全国6位(2020年12月時点)のお店です。

『炭焼 うな富士』 は、2020年9月に東京へ進出し、日比谷OKUROJIに『炭焼 うな富士 有楽町店』がオープンしました。

また、同じく名古屋に『鰻う おか冨士』という唯一の姉妹店があります。

【Instagram】

https://instagram.com/sumiyaki.unafuji?igshid=1kz3k3sopvfh7

外観・内観

JR鶴舞駅から徒歩10分ほどの場所にお店があります。

店内には、テーブルが並んでおり、30人分ほど席があります。

メニュー

レビュー

店前の駐車場にはテントが設置されており、昼時にはそこに大勢の人が並んでいます。

この日は予約していたので、並ばずにすっと入れました。

「上ひつまぶし」(税抜6100円)「白焼」(税抜3400円)「うまき」(税抜1200円)「瓶ビール」(税抜600円)を注文しました。

まず、「瓶ビール」と「白焼」「うまき」が到着。

白焼は、皮はパリッと、身は柔らかいです。

うまきは、たまごがプルプルで、出汁が効いています。

しばらくして、「上ひつまぶし」が到着。

店員さんがひつまぶしの食べ方の説明をしてくれます。

全体を4等分して、そのまま・薬味・出汁で1区分ずつ食べ、最後の1区分は好きな食べ方で食べます。

どの食べ方も本当に美味しいです。

個人的にはそのままが一番好きでした。

今までちゃんとしたひつまぶしを食べたことがなかったので、感動しました。

また愛知に行った際には伺いたいと思います。

先述した通り、東京 日比谷に『炭焼 うな富士 有楽町店』ができたので、こちらも近々伺いたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました