大阪 梅田『麦と麺助』

A
A ラーメン 大阪

大阪 梅田にある『麦と麺助』にお邪魔しました。

オススメ度:A

訪問日:2020年10月 昼

※ブログ開設日(2020年12月)以前にお店を訪れた際の情報を、遡って投稿しています。投稿時点での情報と異なる場合がありますので、予めご了承下さい。また、ブログ用に写真を撮影していない、かつ、昔のことであまり鮮明に覚えていないため、内容が粗雑な場合がありますが、併せてご了承下さい。

お店の情報

大阪で人気のラーメン屋『燃えよ麺助』の姉妹店です。

営業時間が平日 11:00〜15:30L.O.・土日 11:00〜16:00L.Oと、昼しか営業されていませんので要注意です。

土曜の夜に限定ラーメンの営業をされていることがあります。Twitterで告知しているので、要チェックです。

【Instagram】

https://instagram.com/moemen423?igshid=y830xkg2bg78

外観・内観

場所は、梅田駅と中津駅の間らへんです。

店内にはカウンター席が13席あります。

メニュー

通常メニュー

「特製 蔵出し醤油そば」(税込1250円)

「蔵出し醤油そば」(税込950円)

「特製 イリコそば」(税込1200円)

「イリコそば」(税込900円)

「極み味玉」(税込100円)

「特製ワンタン」(税込220円)

「三種のチャーシュー増し」(税込350円)

「炙りチャーシュー丼」(税込300円)

「ごはん(並)(税込100円)

「ごはん(大)」(税込150円)

※土曜の夜に限定ラーメンがある時もあります。

レビュー

この日は平日の13時ぐらいに到着し、待ち時間は30分ちょっとでした。結構な人数が並んでましたが、回転は早めです。

並んでいる間に前の人からメニューが回ってきます。注文を決めたら後ろの人に回します。

注文は、入店と同時に食券を購入するシステムです。

定番の「蔵出し醤油そば」にするか迷いましたが、イリコを使ったラーメンは食べたことないなと思い、「特製 イリコそば」と「三種のチャーシュー増し」(計 税込1550円)をいただきました。

スープは醤油ベースですが、塩ラーメンかと思うほど透き通っています。

イリコの出汁が強めに効いているけど、普通の煮干しのようなエグみ・苦味は全くなく、スッキリした味わい。

イリコは、香川県伊吹島のブランド煮干しである「伊吹いりこ」、その中でも最上級の「銀付き 伊吹いりこ」が使われているそうです。

そこに、兵庫県の天然醸造の淡口醤油、厳選された塩、昆布出汁、が合わさっています。

少し動物系の出汁も効いてる気がしたけど、気のせいかな・・・?

いいバランスで合わさっていて、とても美味しいです。

「特製」には、イベリコ煮豚・ワンタン・玉子・のり、が付きます。

ワンタンは、餡に神戸牛が使われており、脂の旨味が感じられるこってりな餡。

「三種のチャーシュー増し」には、薩摩茶美豚肩ロース・モモ肉、イベリコ煮豚が付きます。

肩ロースとモモ肉は、脂身が多めで、あまり好みではなかったです。

イベリコ煮豚はチャーシューと言うより厚めの生ハムのような感じで、絶品でした。

麺の大盛りがないのが少し残念でしたが、それ以外は大満足です。

次回は「蔵出し醤油そば」をいただこうと思っていたのですが、予想以上に「イリコそば」が美味しかったのでもう一度食べたい気持ちもあります笑

「蔵出し醤油そば」には、比内地鶏とホロホロ鳥(バンタード)が使われているらしく、こちらも美味しそうです。

どちらにせよ、また伺いたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました