東京 銀座『パリのワイン食堂』2回目 ディナー

A
A フレンチ・ビストロ・ブラッスリー 銀座・東銀座

東京 銀座にある『パリのワイン食堂』にお邪魔しました。

オススメ度:A

訪問日:2021年1月 夜

お店の情報

『パリのワイン食堂』は、『オザミレストランズ』の内の1店です。

『オザミレストランズ』は、『レストラン オザミ』を筆頭として都内(銀座・丸の内が中心)に11店を構えるグループです。

【Instagram】

https://instagram.com/parisyoku?igshid=pc6krx0yk4um

【ホームページ】

パリのワイン食堂
歌舞伎座の側に「まるでパリにいるような…」そんな本場フランスの臨場感をそのままに、オザミが選び抜いたワインと、過去「ミシュラン ビブグルマン」受賞経歴のある本格派のフランス大衆料理をカジュアルにお愉しみください。

外観・内観

松屋通りの、歌舞伎座の裏辺りにお店があります。

店内にはテーブル席が広がっており、60席ほどあります。

店内の照明は明るめで、本当に”パリの食堂”のような雰囲気です。

メニュー

アラカルトでの注文も可能で、アラカルトメニューはコースメニューと同じです。

ドリンクはかなり多くの種類があります。

レビュー

昨年の8月ぐらいに訪れて以来、今回は2回目の訪問です。

コース(税別2980円〜)でお願いしました。

初めに、前菜・メイン・デザートを選びます。

料理によってプラス料金がかかるものがあるので、全てプラス料金がかからない料理を選択すると税別2980円になります。

この日はまだ年始だったので、仕入れの関係でいくつかメニューの変更がありました。

売り切れ:「ズワイガニとアボガドのディル風味」

仕入れなし:「ムール貝の白ワイン蒸し」「富山県・氷見港産 本日の魚介の一皿」「富山県・氷見港産 本日の天然鮮魚のポワレ」

変更;「和牛ホホ肉の赤ワイン煮込み」(+税別900円)→「US産ブラックアンガス牛の赤ワイン煮込み」(+税別300円)

また、この日の「スペシャルメイン料理」は「子羊の肩ロース」(税別+600円)とのことでした。

この日は3人だったので、3種類ずつ選びました。

その後、「リエット」と自家製パンが到着。

しばらくして、前菜が到着。

「本日のキッシュ」

外はサクサクなパイ生地で、中はトロトロです。

中はチーズの味が濃厚なのですがクドくなくて、とても美味しいです。

「赤ワインで酔わせた和牛モモ肉のカルパッチョ」(+税別500円)

 この日の和牛は鹿児島産でした。

カルパッチョですがオリーブオイルは控えめで、あっさり食べられて美味しいです。

「自家製 田舎風お肉のパテ サラダを添えて」

この日のパテは、豚肉と鶏白レバーのパテでした。

その後、メインが到着。

「ハンガリー産マグレ鴨むね肉のロースト」

鴨肉とは思えないぐらい臭みがなく、むね肉とは思えないぐらい柔らかいので、誰でも美味しくいただけます。

「US産ブラックアンガス牛肩ロース肉のステーキ(180g) フレンチフライ添え」

脂身が少なく、ほとんどが赤身なのが嬉しいです。

赤身もとても柔らかいです。

「US産ブラックアンガス牛の赤ワイン煮込み」(+税別300円)

お肉に火がしっかりめに入っていて、少しパサつき気味だったのが、残念でした。

赤ワイン煮込みのソースは美味しいです。

最後にデザートが到着。

「オザミスペシャリテ!高貴なプリン」

“オザミスペシャリテ”と言われたら、頼まざるを得ません笑

甘過ぎない濃厚なプリンで美味しいです。

「フランス産の濃厚チョコレートタルト」(+税別150円)

その名の通り濃厚なチョコレートですが、甘過ぎず、少し苦味も感じられます。

「紅玉リンゴと自家製サクサクパイ 生クリームとご一緒に」

サクサクなパイと甘く柔らかいリンゴが、 バランス良く合わさっています。

ドリンクは、ワインボトルを3本持ち込みました。

ワインボトルの持ち込みは、1本目が1500円、2本目以降は1000円/本です。

持ち込んだワインでも、丁寧にサーブしていただけるのが嬉しいところです。

全体的に接客はとても良いです。

料理がサーブされるペースも、自然とこちらの食べるペースに合わせて少しゆっくりめに調整していただけました。

お会計は、コース料金(とプラス料金)とワインボトルの持ち込み代のみで、サービス料や席料はありません。

この内容でこの料金はコスパ最強だと思います。

手頃な値段の美味しいビストロを探している方にオススメです。

こちらの記事でも紹介していますので、是非併せてご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました