東京 銀座『徳 うち山』2回目 ランチ

S
S 和食・割烹 銀座・東銀座

東京 銀座にある『徳 うち山』にお邪魔しました。

オススメ度:S

訪問日:2021年2月 昼

お店の情報

『徳 うち山』は、ミシュランで星を獲得する人気店『銀座 うち山』から初めて暖簾分けを許された一軒です。

『徳 うち山』の創業者は工藤淳也さんですが、現在は『銀座うち山』で修行を共にした木村圭介さんが店主をされています。

工藤淳也さんは『徳 うち山』以外にも、『銀座 くどう』『肉 うち山』『時喰み』を展開されています。

『徳 うち山』の営業時間は、昼11:30〜/夜18:00〜(定休日:日曜・祝日)となっています。

昼・夜ともに要予約となっています。

『銀座うち山』・『嘉祥 うち山』のランチと異なり、営業時間内であればスタート時間は決まっていません。

現在(2021年2月時点)は、緊急事態宣言の影響で夜の営業は20時までとなっています。

【ホームページ】

徳うち山
東京、中央区銀座にある日本料理店、「徳うち山」の公式ホームページです。

外観・内観

店内にはカウンター席が7席、4人用テーブルが2つあり、入口すぐのところに4人用の個室もあります。

メニュー

レビュー

先述の通り、昼・夜ともに要予約なので、12時に予約して伺いました。

入店すると、お客さんは1組(2名)しかいらっしゃいませんでした。

以前は予約を取るのが困難でしたが、やはりコロナ禍の影響でしょうか。

着席すると、ほうじ茶とおしぼりを持ってきてくださり、注文を尋ねられます。

「鯛茶漬け御膳」(税込1800円)を注文しました。

しばらくすると、到着。

『銀座うち山』・『嘉祥 うち山』のランチは1品ずつ提供されますが、こちらは全てが同時に提供されます。

内容は、鯛茶漬け・胡麻豆腐・鯛のあら炊き・鯛の南蛮漬け・お新香です。

南蛮漬けは酢が効いて、サッパリしています。

鯛のあら炊きは、味付けが薄味で、鯛の味をしっかりと感じることができます。

胡麻豆腐は外はカリッと、中はとろっとしています。

ですが、『銀座うち山』・『嘉祥 うち山』の胡麻豆腐と比べて、カリッと度合いととろっと度合いがやや弱い気がしました。

そして、胡麻豆腐には初めから胡麻ダレがかかっています。

『銀座うち山』・『嘉祥 うち山』の胡麻豆腐は、初めは何もかかっておらず、お好みで醤油をかける仕様なので、こちらは全く別物です。

胡麻ダレは少し甘めで、ドロッとしたタレになっています。

鯛茶漬けは鯛の切り身がたっぷり入っています。

『銀座うち山』・『嘉祥 うち山』よりも枚数が多いと思います。(枚数を数えようと思っていたのですが、すっかり忘れていました笑)

半分ほどはそのままご飯と食べて、後半は茶漬けにしていただきます。

お茶漬けに用いるお茶は煎茶だそうです。

胡麻ダレはかなり醤油強めの、サラッとしたタレで、胡麻感は弱めです。

胡麻豆腐にかかっている胡麻ダレとは味・粘度ともに全く別物ですので、飽きることなくいただけます。

ただ個人的には、鯛茶漬けの胡麻ダレは『徳 うち山』のものよりも、『銀座うち山』の醤油強めのタレ、もしくは『嘉祥 うち山』の甘めのタレの方が好きでした。

ご飯はお代わりし放題で、なくなると店員さんから声をかけてくださります。

少し柔らかめのご飯です。

ご飯自体も美味しく、計3杯(2・3杯目は大盛り)も食べてしましました。

お茶をかけずにいただく方が好みだったので、最後の2枚をそのままご飯と食べて、大満足です。

食べ終わると、デザートが出てきます。

「黒糖のプリン」でした。

まろやかなプリンで、甘すぎませんが、少し甘めです。

全体として、この内容で税込1800円はかなりお得だと思います。

また、『銀座うち山』・『嘉祥 うち山』と違って入れ替え制ではないので、落ち着いて食べることができるのが嬉しいです。

本家『銀座 うち山』の「鯛茶漬けセット」を紹介していますので、是非併せてご覧下さい。

『嘉祥 うち山』の「鯛茶すっぽん御膳」を紹介していますので、是非併せてご覧下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました