東京 築地『とんかつ はせ川 東銀座店』夜

B+
B+ とんかつ 築地・新富町

東京 築地にある『とんかつ はせ川 東銀座店』にお邪魔しました。

オススメ度:B+

訪問日:2022年1月 夜

お店の情報

東京 両国にある『とんかつ はせ川』が2021年12月22日,『とんかつ はせ川 東銀座店』として東京 築地に支店をオープンしました(店名は東銀座店ですが,実際の住所は築地です)

『とんかつ はせ川』は,東京 大門にあるとんかつの名店『むさしや』出身の店主が2004年12月に『むさしや 両国店』としてオープンしたお店で,現在は『とんかつ はせ川』として営業されています.

『とんかつ はせ川』は,2018年から2022年まで5年連続でビブグルマンを受賞しているとんかつの名店で,「平牧バーク三元豚」のとんかつがいただけます.

【ホームページ】

https://tonkatsu-hasegawa.com

【東銀座店 Instagram】

https://instagram.com/tonkatsuhasegawahigashiginza?utm_medium=copy_link

【本店 Instagram】

https://instagram.com/tonkatsuhasegawaryougoku?utm_medium=copy_link

外観・内観

晴海通りと平成通りの交差点からすぐにある『高橋ビル』の1階にお店があります.

店内に入ると,カウンター8席と4人用テーブルが2個あり,奥にも4人用テーブルが2個あるそうです.

入口でアルコール消毒を求められます.

メニュー

店先の看板

店内のメニュー

レビュー

この日は平日の20:20頃に伺いましたが,「厚切極上ロースかつ」は売り切れていました.

(21時頃には「上ロースかつ」も売り切れになりました.)

「ひれかつ 180g」(税込2530円)を注文しました。

直ぐに,「ひじき煮」と「自家製 糠漬け」が到着します.

かつは,注文してからカウンターの目の前の厨房で調理されます.

肉に切れ込みを入れ,白い粉をつけ,卵をつけ,パン粉をつけ,揚げられていました.

このパン粉は,パン粉の為に一からパンを焼いて作られた『はせ川』オリジナルのパン粉だそうです.

高温でサッと揚げるスタイルではなく,低温でじっくり揚げるスタイルのようで,かつが到着したのは注文してから15分程経ってからです.

かつは,3切れにカットされた中ぐらいの塊が2つ出てきます(計6切れ)

かつと一緒に,キャベツ,ご飯,みそ汁も提供されます.

かつは,薄い衣に纏われており,サクサクです.

肉の中心部にはほんのり赤みがあります.

ひれなので,脂身の殆どないしっかり赤身のお肉ですが,しっとり柔らかく,硬さは全く感じません.

ソースを付けずにいただくと,「平牧バーク三元豚(バークシャー種50)」の旨味を存分に味わえます.

『とんかつ はせ川』でいただける「バークシャー種50」は,「ランドレース種」「デュロック種」「バークシャー種」という3種類の原種豚を交配してできた豚で,日本の交配品種の最高傑作とも言われています.

ランドレース種(L),は特にロース部分の発達がよい品種です.

デュロック種(D),は肉にサシの入りやすい品種です.

バークシャー種(B)は,”黒豚”とも呼ばれ,肉質が大変優れ,旨みと食感に定評のある品種です.

「バークシャー種50」はこれらの特徴を受け継いでいます.

そんな「バークシャー種50」が,1967年に山形県 庄内地域の青年養豚家たちによって設立され品種開発・自家繁殖生産・加工までを行う『平田牧場』で,こだわりの飼料を与えられて約200日間じっくり育てられた豚が,「平牧バーク三元豚」です.

かつは,時間が経った後半も,衣はベチャっとせずサクサクのままで,肉も硬くならず,最後まで美味しくいただけます.

何も付けずに食べても美味しいですが,ゾースや塩など色々な楽しみ方ができます.

付け合わせのキャベツとご飯はおかわり可能です.

ソースが美味しいので,キャベツを2度もおかわりしてしまいました(笑)

全体として,お値段は税込2530円でとんかつにしてはそこそこしますが,とても美味しいのでその価値はあると思います.

コメント

タイトルとURLをコピーしました