東京 京橋『Toshi Yoroizuka TOKYO』テイクアウト

B+
B+ テイクアウト 京橋・日本橋 洋菓子

東京 京橋にある『Toshi Yoroizuka TOKYO』にお邪魔しました。

オススメ度:B+

訪問日:2020年12月

お店の情報

『Toshi Yoroizuka』は2004年に恵比寿にオープンしたパティスリーで、現在は東京に3店舗(京橋・ミッドタウン六本木・上高井戸)、神奈川 小田原に1店舗があります。

また、Online Shopで購入することもできます。

京橋の『Toshi Yoroizuka TOKYO』は4店舗の中で最も新しく、2016年に新旗艦店としてオープンしたお店です。

【ホームページ】

公式サイト Toshi Yoroizukaの世界
Toshi Yoroizukaは全ての素材にこだわり、その最高の素材をもとに確かな技術と真心を込めて、皆様に心温まる美味しいお菓子が提供できるよう、益々精進を重ねていく所存でございます。

【Instagram】

https://instagram.com/toshiyoroizuka?igshid=8vur92t3977u

外観・内観

京橋駅の目の前、中央通り沿いにお店があります。

店内は1階がショップ・カフェになっており、2階はサロンになっています。

メニュー

レビュー

「シュー・ペイザンヌ」(税込500円)・「ムッシュ・キタノ」(税込600円)・「モンブラン」(税込600円)の3つをいただきました。

「シュー・ペイザンヌ」は、ホームページの説明では“ナッツたっぷりプラリネシュークリーム”となっています。

“プラリネ”とは、焙煎したナッツ類に加熱した砂糖を和えてカラメリゼしたものを指します。

中には コーヒー風味の生クリーム、そしてその下にカスタードクリームが入っています。

「ムッシュ・キタノ」は、中央に花山椒のクレムブリュレが入っています。

外側のチョコレートは濃厚です。

「モンブラン」は、中までマロンクリームが詰まっているタイプではなく、生クリームになっています。

無糖の生クリームだそうです。

表面のマロンクリームは、ほんのりラム酒の香りがする少し苦味のあるクリームです。

苦味のあるマロンクリームと無糖の生クリームなので、全体的に甘さは控えめです。

生クリームの下はパウンドケーキのようになっており、中に栗の欠片が散りばめられています。

外側はパイ生地のようになっています。

銀座近辺の美味しいパティスリーは1つ700〜800円が平均的ですが、こちらはほとんどが1つ600円以内とお手頃です。

それでもって3つとも美味しかったので、オススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました